くまやくすみは形成過程や原因によって、3つに分類できる

くまやくすみは形成過程や原因によって、3つに分類できる

女性なら誰でも、美しく白い肌でいたいという気持ちを持っていると思います。

 

 

そんな美しく白い肌の大敵といえば、くまやくすみがあげられます。

 

くすみとは、お肌の一部分が影のように見えている部分のことをさして使われ、くまは、よく目の下の影をさして使われますが、本質的にはくまとくすみは同じものを表しています。くまやくすみには、形成過程や原因によって、次の3つに大きく分類することができます。1つ目は「しわやたるみ」、2つ目は、「結構俘虜による血液の滞留」、3つ目は「メラニン色素の蓄積や過剰生成」の3つです。

 

しわやたるみが原因のくまやくすみ

 

 

加齢やお肌のコンディションが悪いときに現れるのが、しわやたるみによるくまやくすみです。お肌のハリや潤いをよみがえらせることで、この熊谷楠美は解消することができます。基本的なスキンケアをしっかり行ってあげることが、一番の対策になります。特に、パックやマッサージなどで真皮までしっかり栄養を補給する保湿を重点的に行うことで肌のターンオーバーを促しすことが大切です。

 

 

血行不良による血液の滞留が原因のくまやくすみ

 

 

疲れがたまっているときや寝不足が続いたりすることで現れるのが、血行不良によるくまやくすみです。

 

疲労やストレスが蓄積すると血液やリンパの循環が悪くなり、肌の細胞が十分な酸素や栄養を受け取ることができなくなり、新陳代謝が鈍くなります。その結果、顔色が悪くなり、特に皮膚が薄い目の周りが青黒く見えるようになってしまいます。また、肌のターンオーバーが遅れてしまうことで、古い角質細胞が肌の表面にとどまり、より暗くくすんだ顔色になるのです。対策としては、疲れやストレスをためないようにし、よく寝るなど生活習慣を改善することが有効です。既にできてしまったくまやくすみには、血行を良くするケアが大切になります。

 

マッサージや軽い運動、ストレッチや蒸しタオルと冷やしたタオルを目の周りに交互にあてるなどは即効性がある対応策です。また、栄養面では、血行を良くするビタミンEや鉄分、肌のターンオーバーを促進するビタミンAなどを食事やサプリメントで積極的にとるようにすることも血液やリンパの流れをよくするのには効果的です。

 

 

メラニン色素の蓄積や過剰生成によるくまやくすみ

 

 

少しやっかいなのがこのタイプのくまやくすみです。

 

というのも、メラニン色素が肌の真皮まで沈着してしまっていると日常的なケアでは対策のしようがなくなってしまうからです。その場合は、医療機関やエステなどでくまやくすみを薄くする施術を行うことになります。ただし、メラニン色素が表皮に沈着しているレベルであれば、肌のターンオーバーとともに薄れるものなので、いつものスキンケアにプラスして紫外線対策をしっかり行うことが重要になります。

 

メイクなどでもある程度はごまかすことはできますが、くまやくすみがない肌の方が美しく白く見えることは明白です。
自分でできるスキンケアや生活改善でくまやくすみの対策を心がけましょう。